2009年 10月 12日
皆さんに知って欲しいこと
 おはようー。毎日、埋め込みポートに入れる薬剤や、チューブのつなぎ方、空気の抜き方の練習をしています。うん、看護師さんになれるかも(笑)私が自分の手術、入院を公開しているのは、もっといろいろな人に、人間にはいろいろな病気があるいうことを知って欲しいからなのです。
 というのも、いろいろな病院、いろいろなお医者様に今までかかってきました。教科書通りの医師、心を診てくれる医師、あなたならどちらを選びますか?もちろん検査結果での数値の上限もきちんと調べながら、それに見合う薬、必要となる薬を、処方されながらも、その患者個人個人の、心を見てくださる医師を選びませんか…?IVH(Intravenous Hyperalimentation・中心静脈栄養)HPN( Home Parenteral Nutrition・在宅中心静脈栄養),TPN(Total Parenteral Nutrition・高カロリー輸液)についても知って欲しいからなのです。
 これらのメリットとしては、(外部サイトから引用)対外式に比べて、感染しにくい、消毒には、充分な注意が必要、輸液を入れない時はルートが外せる、持続点滴が間欠点滴に移行することが出来る、見た目には分からない、お風呂も普通に入れる、自由な時間が増え滴下が夜間のみであれば昼間はほぼ普通の生活ができる、長期入院で病院にいるより家の方が精神面で安定する。また、デメリットももちろんあります。自分で針を刺すためその都度苦痛がある、埋め込みのオペが必要です。部分麻酔での手術は、とにかく痛いo(T^T)oポートには寿命がある、などだそうです。私の場合は…「長期入院で、病院にいるより家の方が精神面で安定する」かなあ(^_^;)ごめんちゃい。
 もし、ご家族などで(もちろん今までの経験や症状にもよりますが)主治医と納得するまで「相談」して欲しいのです。医師が勧めるには、何らかの理由があり、じっくり話し合う事をお薦めします。でも最後に決めるのは自分です。人それぞれですので、本人主治医とそして、ご家族とよく相談されてから、決断される事をお勧めします。
 次にこの装置を入れ替える必要がありませんように。それまでに元気いっぱいになっていますように。今、そういった方々のコミュニケーションの場を作ろうかと思って申請しています。教科書通りでない、私たちの体や脳、そして検査の数値、分かって欲しい人はたくさんいるはずです。みんな…みんな頑張っている。あと、応援してくださっている皆さん、病院の先生方、看護師さん、そして家族…私、負けない。絶対に負けない。さあ、自由な時間に心の絵を描こう\(*^▽^*)/
------------------------
皆さま、たくさんのカレンダーのお買い上げありがとうございました。後は予約のみになり、ほぼ完売です。良き2010年が迎えられますように。また、くーちゃんへのお問い合わせはこちらからどうぞ
[PR]

by isao1977k | 2009-10-12 04:50 | くーちゃん日記 | Comments(5)
Commented by pc-jinko at 2009-10-12 09:04
何度も読み返しました。
すっきり理解したとは言えませんが、いちおう健康なわたしに
あらためてくーちゃんの強い思いが伝わってきました。
くーちゃんのおっしゃる「病院にいるより家の方が」の気持ちは
自分の父母のときに痛感しています。
医学の進歩と、「負けない」くーちゃんにエール!

Commented by pcs4kagayo at 2009-10-12 11:34
私も何度も読ませてもらいました。ずっしりと私の胸に響いてきました。
今この気待ちをどう書けばいいのか・・、自分でも情けない思いでいます。
私はいま67歳、30代に入ってすぐ間接リュウマチにかかり20数年間
苦しんできました。家庭を真っ暗にしての人生でした。
医学の進歩に助けられ、今は人との交わりを出来楽しんでいます。
くーちゃん頑張ろうね。
Commented at 2009-10-12 11:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pona at 2009-10-13 12:25 x
医学的なことってよくわからないけど。
大切だよね・・・いつでも健康を 意識していけば
段々体もよくなっていく意識も大事かも。

isaoさんの ブログを読み返して そう思いました。
Commented by barber-mary at 2009-10-14 14:46
あれ?なぜ、この記事読み飛ばしたのかな?
携帯で見る事が多いからかな?
心を診てくださる医師と出会えると本当に病気って心から治ります。
病は気からですもんね。
痛みに辛抱していい結果でて良かったですね。
くーちゃんの活動つかず離れず支援させてね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 私の宝物      「年賀状データ集Pack888... >>