2010年 09月 16日
石岡のおまつり~平成22年度 常陸國總社宮大祭~
d0140135_7451244.jpg みんな、おはよー!今年も茨城県石岡市で9/18、19、20に、「石岡のおまつり(平成22年度 常陸國總社宮大祭)」が開催されます!「石岡のおまつり」常陸國總社宮大祭(ひたちのくにそうしゃぐうたいさい)と言い、天下泰平、国家安穏、萬民豊楽、五穀豊穣などを願うおまつりです。常陸國国府が置かれた時代(※国府とは、古代における地方行政官庁である國衙の所在地のこと)石岡は政治・文化の中心地として繁栄していました。国府の長官は国司と呼ばれ、その重要な任務の一つに、国内の神社の管理と祭事の運営がありました。新たに就任すると、国内の各神社を訪れて神々を参拝する「神拝」という行事がありましたが、この「神拝」を簡略にするため、国内の神社の神々を一同に集め、祀ったのが「總社」でした。社伝によれば、常陸國總社宮の創建は天平年間と言われ、 天神地祇の六柱が祀られています。六柱の祭神は、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・素盞嗚尊(すさのおのみこと)・瓊々忤尊(ににぎのみこと)・大国主尊(おおくにぬしのみこと)・大宮比賣尊(おおみやひめのみこと)・布留大神(ふるのおおかみ)。それぞれ東西南北天地として国の全部を網羅し、国内の全ての神々をあらわしています。このほか境内には十二末社があり、常陸國の主な祭神がここに祀られています。敬老の日を最終日とする3日間に行われ、期間中、約40万人の見物客でにぎわいます。石岡のおまつりは、石岡を離れた人々も「正月やお盆には帰省しなくても、おまつりには帰る」と言われるほど、思い入れのあるおまつりです。石岡市民が1年でもっとも熱くなる3日間です。石岡のおまつりは、1年交代による年番町を中心に行われます。年番町は、おまつり最終日に次の年番に引き継ぐまで、1年間、神社への奉仕に努めます。平成22年の年番は大小路町です。現在の年番制度は1887年から始まり、現在に至っています。年番制度は、当時の石岡町の森木、大小路、土橋、金丸、守横、富田、仲之内、宮下、青木、幸、國分、若松、泉、中、香丸、木之地の16町内が各年、交代で、その年のおまつりをつかさどる当番となります。年番となった町内には「御仮殿」が設けられ、その年の中心的な役割を果たします。神輿をかつぐのも年番町の役割です。年番制度とともに「相町」(あいちょう)という助け合いの制度もできました。年番の際、お互い協力し合い、年番以外でもお互いの町内を訪問し合います。例祭からはじまり、神幸祭(總社宮の御神体を神輿で年番町の御仮殿へ渡御する祭)大祭(中日)、と3日間続き、還幸祭(最終日)には、年番町御仮殿より神輿が出御し、神幸祭と同じ供奉行列で本殿へ還御します。各町の出し物は、各自の町内をまわりながら所定の位置に整列し、神輿の還御を待ちます。神輿が本殿に着御すると、神幸祭還幸祭神事、年番町の引き継ぎが行われます。各地の伝統的なお祭り、歴史を知って後世に伝えていきたいですね!学校も半日で終わるほどのお祭りです!会社を休む人も多い…(;^_^A

■お問い合わせ先:石岡市役所 商工観光課 TEL:0299-43-1111
・問い合わせフォーム:https://sec.e-raku2.jp/ishioka/public_html/out_msgbox.php?pid=1

 ・石岡のおまつり紹介パンフレット(PDF)
------------------------
d0140135_4275822.jpg★いばらき「うまいもんどころ」プレゼント★
道の駅しもつまより 手作り納豆「福よ来い」
大粒・小粒の納豆3パック(1パック50g入り)×3個セット
当選者数:3名 応募期間:9月10日~9月21日→GO!

------------------------
※くーちゃんへのお問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ(^-^)
★カレンダー発売中★詳細:design and illustration『isao』(下の方です)
[PR]

by isao1977k | 2010-09-16 03:30 | くーちゃん日記 | Comments(14)
Commented by gigen_t at 2010-09-16 06:18
 石岡市 前に行った事があるだけに 親しみを覚えます、正月、お盆に帰らなくとも お祭りには帰るとは 何とはなしに想像できますが それだけ 熱が入るのですね、 神輿 格式の高さが 垣間見られます、スゴインダネー、
Commented by barber-mary at 2010-09-16 07:42
これまた、近くて遠い、石岡のお祭りだ。
一山越えりゃ~石岡さ。真壁のお祭りも石岡の流れを継いでいるのだろうね。似てるらしいよ。
真壁はお雛様の方に力が入っているようだが…。
Commented by sidu-haha at 2010-09-16 08:51
おはようございます。
すごい~~大きな神社なんですね。
総社宮は、あちこちにありますが、茨城では石岡にあるんですねえ~
茨城には、鹿島・香取もあるので~たくさん大きなお宮があるのでしょうね。

秋祭りのシーズンになってきましたね。
ここのは、かなり勇壮なようですね。
見てみたいですね~
Commented by ぱせり at 2010-09-16 09:41 x
盆 正月には帰らなくても 祭りには帰る…かぁ…
3日も続くお祭りなんて すごいんだろうなー☆
気合入ってそうですねー☆ 行って見たいな♪
(人ごみに紛れて 迷子になるのがオチだけど…  ^^;)
Commented by 「せ」 at 2010-09-16 10:09 x
すっごい由緒ある
お祭りがあるんですねー (。・_・。)ノ♪
Commented by megumin321 at 2010-09-16 11:46
お祭り・・  豊年万作を願う・・昔からの~・・  祈りも・・  いまの世に・・
知ってる人・伝えてくれる人・・  大事ですね~・・  ずーーとずーーっと・お祭り・・つたわっていってほしいですね~・・見にいきたいです~♪
Commented at 2010-09-16 11:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ryonouske at 2010-09-16 19:17
く~ちゃん こんばんは^^
今からの時期お祭のシーズンなんだよね^^
太鼓や掛け声が聞こえてくると
思わずそわそわしてしまいます♪
Commented by shizuo7f at 2010-09-16 21:56
今度の3連休なんですね~。
賑わうだろうね、季節も秋の真っただ中の石岡まつり。
歴史を知り、先人に感謝する日。

たまたま明日から会社は休みだけど…。
チョッと遠いね、く~ちゃん^^。
Commented by pckago at 2010-09-16 22:33
あちら此方で秋祭りがおこなわれていますね~~~
何時までも次えと受け継いで欲しいですね。
Commented by pcnmitsuko at 2010-09-16 23:38
おもしろい~!!!
楽しい~♪
血が騒ぐよ~~!
山車の上の踊り子さんは人形じゃなくて人間さまだ~!
皆さん芸達者ですね~。
Commented by スイミー at 2010-09-17 00:08 x
こちらでも次々と秋の祭りが行われますよ。
このような山車も出るので、孫を連れて見に行きます。
Commented by なかた at 2010-09-17 01:03 x
うちのほうでも、10月に山車が出るお祭りがあります。
いろんなところでお祭りがあるんですが、
今年は家内の実家のほうのお祭りを見に行く予定です♪

Commented by quartier at 2010-09-17 01:55 x
30年前、連れ合いの会社移転について行っていたら、
私もおまつりに参加していたのかと思うと感無量です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 「かつお菜」って知ってる?      日の丸弁当万歳! >>