2010年 09月 25日
ようこそ軍兵六農園へ!
d0140135_473781.jpg みんな、おはよー!茨城県北、久慈郡大子町に、「いのち かおる ひとときを ともに ~関東最北 茨城県大子町の不耕起畑~」がテーマの軍兵六農園という小さな農園があります。東京からバスで3時間ほどで来られる場所ですが、朝はうぐいす、夜になると、ふくろうの鳴き声が聞こえる自然豊かな静かな場所です。この自然を汚すことの無い様に、野菜たちは、すべて無農薬・無化学肥料で育成耕さない方法(不耕起栽培)と、雑草との共生(草生栽培)で育まれています。そして固定種・伝統品種中心の野菜を育てています。この土地の集落名が『軍兵六』であったので、この農園名となりました。軍兵六農園は、品種もなるべく滋養ある昔ながらの伝統品種や固定種を主に、海外の野菜も取り入れ、スーパーマーケットではあまり見かけない野菜たちも育てています。現在、不耕起栽培が8割ほどだそうです。畑では、石油資材をなるべく使わず、天然分解のできるものですませ、支柱は竹。主に藁や枯れ草マルチ。霜よけに籾殻を使い北風除け対策は雑草を工夫したもの…など、知恵をひねり、家は薪風呂で、薪ストーブの生活です。出た灰は、畑へ有効利用し、なるべく自然に負担の掛けない暮らしを想い、実行する日々でだそうです。「小規模農園ですが、『こころはひろく、大きく』がモットーです。」と、小橋寛生さんと英里さんはおっしゃっております。軍兵六農園では、いのちの循環を大切にしながら作物の育成をしています。こんな農園で育った野菜は強く、そして温かいのでしょうね\(*^▽^*)/野菜宅配や農園の様子の詳細は軍兵六農園のホームページをご覧くださいね!(http://open.sesames.jp/gunbeiroku/html/_TOP/)応援しています!
■軍兵六農園へのお問い合わせ
 〒319-3515 茨城県久慈郡大子町内大野2646 TEL&FAX:0295(76)0755

※不耕起栽培(ふこうきさいばい)…水田や畑を耕さないまま農作物を栽培する農法。
※草生栽培(そうせいさいばい) …草・雑草と共生して栽培するという農法。

------------------------
d0140135_4195778.jpg★いばらき「うまいもんどころ」プレゼント★
笠間市岩間、小田喜商店より「栗の甘露煮」1ビン 固形量280g入り
当選者数:2名
応募期間:9月24日~10月4日→GO!

------------------------
d0140135_1534172.jpg★いばらき「うまいもんどころ」プレゼント★
農産物八千代直売所より 「アールスメロン」※一箱2玉入り
当選者数:2名 応募期間:9月17日~9月27日→GO!

------------------------
※くーちゃんへのお問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ(^-^)
★カレンダー発売中★詳細:design and illustration『isao』(下の方です)
[PR]

by isao1977k | 2010-09-25 04:20 | 茨城県 | Comments(6)
Commented by gigen_t at 2010-09-25 04:45
 関東最北の地 だよね、 福島は東北だから、 さて、今の世に 殊勝な方が居るのですねー、 全てをこのようには出来ないけれど その精神だけは 見習うべきですね、
Commented by barber-mary at 2010-09-25 07:12
おはよう。くーちゃん。こういう農法をされてる方の農産物を食べてみたいですね。
パワーがもらえそうだ。でも、その分ご苦労が多いと思う。
外は嵐ですね。
Commented at 2010-09-25 09:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 「せ」 at 2010-09-25 09:48 x
農業体験
してみたいけど
むりだろなー
いろいろ
あはは(。・_・。)ノ♪
Commented by KINGshirotan at 2010-09-25 13:26
こんにちわ
すっかり涼しくなりましたね
今日は晴れてますが今までのような暑さではないですね

昔ながらの伝統的な品種を栽培しているんですね
しかし軍兵と聞くと戦のイメージがします
Commented at 2010-09-25 14:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 見た目はトマト、味はピーマン?      命の始まりを知って自分を好きに... >>