2011年 01月 09日
小林人形店様のご紹介
d0140135_759769.jpg みんな、おはよー!エキサイトブログの素晴らしいフォトエッセイを書いている「(本日のショット)下手の横好き 気ままに一枚」様(http://moturegumo.exblog.jp/15113083)、茨城県水戸市で、衣装着雛人形の製造・直販をはじめ、羽子板・破魔弓 三月雛飾り 五月人形(鎧・兜飾り、鯉のぼり、幟旗)など節句人形専門店を営んでいる「梅林斎 光玉 小林人形店(ひな人形職人の店)」様なのです。屋号の由来と歴史、「梅林 斎光玉」とは、水戸市の偕楽園の梅林徳川光圀公の光を使い、明治16年初代店主:小林次郎吉が県内各地を行商したのが始まりで水戸市泉町に市内最古の際物問屋:(梅林斎)光玉 小林際物店を開業し後、水戸市大工町に移転、水戸の空襲(昭和20年8月1日)に遭い、同年9月現住所、水戸市石川に移ったそうです。商品内容(※販売期間)は、正月:羽子板・破魔弓(ケース物・額物)(11月1日~12月31日)三月:雛人形(親王・3段・7段飾り・木目込み・ケース物)・舞踊人形・市松人形(1月3日~3月2日)五月:鯉のぼり・のぼり旗・室内飾り(鎧・兜・子供大将飾り)・舞踊人形(3月5日~5月4日)となっております。また、雛人形制作時期は4月末~11月はじめで、雛人形の制作は期間中でしたら何時でも見学できます。※制作に集中するため、盆提灯などの販売はしておりません。「梅林斎 光玉小林人形店(ひな人形職人の店)」様の特徴は、全国でも稀な雛人形十五人一揃えの制作できる雛職人(雛人形胴柄師)として50年以上のキャリアを持ち、伝統ある水府雛を制作販売してらっしゃる方です。d0140135_7594333.gif【店主、富藏様は東京の雛職人(胴柄師)であった大叔父の小澤仙次郎氏の指示の下、17歳より修行し、代々伝わる伝統的手法を忠実に守り、そこに独自の方法を加味して現在全国でも稀な”総丸着せ衣装の御雛様”等をはじめ、各種サイズ(小十番親王小三五13人揃え~八番親王十番13人揃えまで)の15人一揃えの雛人形の雛胴を”形紙の起こし”から”貼り込み””布の裁断””ワラ胴の成型””胴組み””衣装の縫製””着付け””振り付け”まで、約200以上の工程を1人で制作できる雛職人・雛人形胴柄師です。平成元年2月22日水戸市認定:第106号 雛人形胴柄師】展示品の約95%のものが、自社製品だそうです。同規格同価格で着物の柄違いの雛胴を各数種類づつ製造していますから親王飾りばかりではなく三段飾り七段飾りにおいても雛人形の乗せ換えが出来るそうです。また、頭(かしら):顔の部分においても桐塑頭(練頭)石膏頭を数種ありますので、お客様の希望に沿ったオリジナルの雛人形飾りが選べるようになっております。初正月飾り(羽子板・破魔弓)五月節句飾り(鎧・兜)においても職人の目で直接選んだ各名匠の新商品を多数展示しております。各種組み合わせでオリジナルの節句飾りが選んで頂けるお店です。お子様、お孫様の初節句にいかがでしょうか(o^-^o)
■お問い合せ…「梅林斎 光玉 小林人形店(ひな人形職人の店)」 TEL:029-251-5903
 URL:http://www13.plala.or.jp/kougyoku-mito/

------------------------
d0140135_14252277.jpg★遠州いも好さま、新春大特価!2011円福袋!このボリューム!●大人気【やきいも太郎】●定番干しいも【☆姫】●限定丸干し【丸姫】●超熟粉ふき丸干し【雪姫】がはいった、お得な福袋!しかも送料無料の限定販売!◆さつまいも盛り◆→GO(http://item.rakuten.co.jp/cosmogreen/10000057/)
------------------------
d0140135_0515072.jpg★いばらき「うまいもんどころ」プレゼント★
商品:茨城県大洗の干しいも 1箱2kg入り 当選者数:3名
応募期間:2011年1月7日~2011年1月17日→GO

------------------------------------------------
★私事ですが3月まで水戸信用金庫千代田支店にイラストが飾られております。お近くにお寄りの際はどうぞごらんになってくださいね→地図★
★くーちゃんへのお問い合せはこちらからどうぞ

------------------------
■クリックしても別ウインドウの開かない方へ→ポップアップブロックの解除方法→GO
 URL:http://helps.ameba.jp/faq/others/5510/pop_toolbar.html

[PR]

by isao1977k | 2011-01-09 00:52 | 日本の企業紹介 | Comments(13)
Commented by 華菜 at 2011-01-09 01:29 x
ひな人形、懐かしいなぁ~って思いました。
Commented by gigen_t at 2011-01-09 05:37
 ウウウウーン チョット弱い世界、 ご挨拶のみ、 オハヨー、
Commented by barber-mary at 2011-01-09 06:34
くー姫。いとかわゆ~い。茨城にこんな名匠がいらっしゃるとは、つゆ知らず
私も、自分のお雛様が欲しいです。
Commented by sidu-haha at 2011-01-09 07:38
おはようございます。
素晴らしいですねえ~
お雛様とか、お人形を作るって^すごいといつも思っていますが~
私たちも茨城に住んでいた時は、あちこちへ探しに行ったのを思い出しました~
Commented at 2011-01-09 08:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shizuo7f at 2011-01-09 11:57
♪灯りをつけましょぼんぼりに~。
年が明け、今年も可愛いひな祭り。

く~ちゃん、今年も。
そして、今日も明日も 
やっぱり笑顔だよね^^。
Commented by mark_blues at 2011-01-09 12:02
「せ」だす

そうなんですやねー
ここのブログも
いつも拝見させていただいちょります(。・_・。)ノ♪
Commented by pcnmitsuko at 2011-01-09 19:26
女の子が生まれたら嫁の実家はお雛様を贈る
習わしがあります。
贈りたかったなぁ。 願いかなわず腕白坊主集団です。
Commented by スイミー at 2011-01-09 22:22 x
大人になってもお雛様は見つめていたいですね。
Commented by megumin321 at 2011-01-09 22:31
お雛様・もうそな季節なのですね・・  女の子のいない我が家は・・雛人形はありません・・だから・・・わたしのためにちちゃな雛人形を買いました・・
憧れです・・♪
Commented by ryo_nouske at 2011-01-09 22:54
く~ちゃん こんばんは^^
お雛様ってみんなお顔が違ってみえますよね。
きっとひとつひとつに魂が込められているのでしょうね。
Commented by tiwawa110 at 2011-01-09 23:17
行事の一つですね。
今では段飾りも少なくなり、時代に合うようなスタイルに変更ですね。
天衣子は、真多呂の親王雛をケースに入れて1年中飾っています。
その時期になると、出して雛あられを飾ります。
Commented at 2011-01-11 21:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 身体の声、聞こえますか?      「土浦れんこんカレー」誕生! >>