2011年 03月 03日
土浦まちかど蔵「大徳・野村」 着物文化はぐくむ確かな品を丁寧に
d0140135_7334193.jpgみんな、おはよー!現在「まちかど蔵・大徳・野村」として江戸時代末期からの商家・呉服商「大徳」の見世蔵・袖蔵・元蔵・向蔵を改装し特産品の販売や郷土資料のされた蔵があります。「野村」は、「大徳」と向かい合う江戸後期から明治初期に建造されたで、市民交流の場としての開放や、民俗・予科練関係の資料を展示しています。土浦で最初に醤油醸造業を始めたという大国屋勘兵衛(だいこくやかんべえ)からのれん分けした大国屋尾形徳兵衛(とくべえ)が中城町に創業したのは江戸後期の1763年です。水運の発達で江戸文化が土浦まで流れ込み、現在の「大徳」には当時の華やかな調度品や貴重な文献が数多く残っています。戦火をくぐり抜けたそうした資料は「まさに土浦の歴史そのもの」と、8代目の尾形省三さん(77)はのれんを守りながら資料の保存活動にも力を入れています。8代目省三さんの手元にはそんな「大徳」の歴史をひも解く古文書が多数あり、難解な内容を専門家に依頼して解読したものがあります。その一部が、故岩崎宏之さん(元筑波大学教授)が表した「近世後期における地方都市商人の動向―常州土浦町大国屋徳兵衛の場合」(『江戸の民衆と社会』抜刷)に収録され、江戸期における土浦の歴史と創業者・大国屋徳兵衛の商売のあらましが詳細に分かります。「当時はのれん分けをするにあたって本店と同じ商品を扱ってはいけないという決まりがあった」と省三さんはおっしゃいます。岩崎さんがまとめた記録には当時の扱い商品と収支が天明時代から克明に記され、素人目には分からない経営状況が省三さんには一目瞭然。折悪しく徳兵衛が開業した天明期は天明飢饉の最中で、天明6年には土浦大洪水に見舞われたりもしたが店の経営はおおむね好調だったといいます。当初、扱い商品の約6割を占めた穀物は寛政年間末から減少し、代わって古着の扱いが伸びました。文化期・文政期にはさらに古着が伸び、名称も古着から呉服に変わり、明治45年に合名会社大徳呉服店が誕生し、昭和23年に株式会社大徳に改められました。収益を抜きにのれんは守れないものの、地元に根付いて商いをするのに客を裏切ることはできない…たどり着くのは、やはり「信頼と確かな品」。長く使える良質な品を真面目に・丁寧に売ることを店の真髄とし、戦後始めた洋服にも力を入れながら着物から生まれる日本文化の継承者であらねばと考えています。以前考案した「着物は心に残るお買い物」という標語には、そんな思いを込めてあるそうです。ここでのんびり歴史の 息づかいを感じてみませんか。
■お問い合せ
(社)土浦市観光協会 TEL:029-824-2810 FAX:029-824-2819
・土浦まちかど蔵「大徳」TEL:029-824-2810
・土浦まちかど蔵「野村」TEL:029-822-0081

------------------------------------------------
【梅林斎 光玉 小林人形店】http://www13.plala.or.jp/kougyoku-mito/
d0140135_0254579.jpg
------------------------------------------------
【楽天市場】美味しいお米をお届けします!素だし丸半商店
d0140135_0125447.jpg

------------------------------------------------
d0140135_1182139.jpg★いばらき「うまいもんどころ」プレゼント★
Farm kuchen(バウムクーヘン) Mサイズ (2~6人向け) 当選者数:3名
応募期間:2011年2月25日~2011年3月7日→GO

------------------------------------------------
★くーちゃんへのお問い合せはこちらからどうぞ
※クリックしても別ウインドウの開かない方へ→ポップアップブロックの解除方法→GO
 URL:http://helps.ameba.jp/faq/others/5510/pop_toolbar.html

------------------------------------------------
テレビで話題の八天堂!
赤ちゃんの成長に合わせて「1ヶ月単位のレンタル」ができる!
セコムがお子さまの安全確保をサポート
贈り物にアイスクリームを『オーダーアイス・ドットコム』
リサイクルショップ 家具家電買取[リタウン]
Amazon.co.jp通販サイト
[PR]

by isao1977k | 2011-03-03 04:05 | 茨城県 | Comments(13)
Commented by barber-mary at 2011-03-03 07:50
歩きましたよ。藏の街、もう少し、街並みがあると良かったよね。
お商売も大変だね。土浦の洪水は有名だもんね。
津っていう地名も多いからね。
昔は栄えてたんだけどなぁ。
今は、すっかり町が変わってしまったね。
土浦頑張れ!
Commented by KINGshirotan at 2011-03-03 10:45
こんにちわ
今朝会社の新しい建物の管理人のおじいさんさんに
元気よく挨拶したのに無視されましたw
Commented at 2011-03-03 12:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mark_blues at 2011-03-03 16:22
「せ」す

古民家の写真も
撮ってみたいな (。・_・。)ノ♪
Commented by pckago at 2011-03-03 17:41
昔ながらの街並み、なんだかほっとする空間で好きですよ~~~
伝えたい文化は、伝えて行きたいものですね。
Commented by bell73221 at 2011-03-03 18:07
すてきな情報をありがとうございました^^
Commented by みつこりん at 2011-03-03 18:25 x
建物を見るとなんだかタイムスリップしたような
気分になるから不思議です。
とっても懐かしい感じがします。
土浦の雛まつりの期間に毎年足を運んでいます。
Commented by ぱせり at 2011-03-03 18:46 x
こんな感じの建物 蔵? スキです♪
探検きぶんですね♪

あ 雛まつりだったねー 忘れてた~・・・
^^;.
Commented by ぱせり at 2011-03-03 18:46 x
こんな感じの建物 蔵? スキです♪
探検きぶんですね♪

あ 雛まつりだったねー 忘れてた~・・・
^^;.
Commented by ryonouske at 2011-03-03 20:22
く~ちゃん こんばんは^^
きもの大好きです。だけど自分ではちゃんと着れません^^;
親戚の結婚式で着たのが最後かな。。。

愛情いっぱいの〒いつもありがとう^^
私の方は少し待ってね。

カレンダーは動物は・猫壁掛け用と
卓上のねこちゃん。3種類の予定です
Commented by suzu1944 at 2011-03-03 22:46
堂々とした昔の商家ですね。
Commented by スイミー at 2011-03-03 23:45 x
>「信頼と確かな品」
今の日本製品に求められることですね。外国産に負けない良さがそこにあります。
Commented at 2011-03-04 17:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 障碍者が手伝いでなく主役に      やまと豚専門店とんとんへゴーゴー! >>