2011年 07月 14日
廃材を使ってエコ・キャンドルをつくろう
d0140135_10172556.jpg つくば市竹園のデイズタウン内JTステージで天ぷら油など家庭の廃油を使ってエコ・キャンドルを作るワークショップが、7月16日(土)と23日(土)実施されます。参加は無料です。指導に当たるのは市民ネットワークわくわくプロジェクト土浦の日辻美香さん。同プロジェクトは、廃油や牛乳パック、卵の殻など身の回りの廃材を利用してアイデアあふれるエコ・キャンドルを手作りし、土浦やつくばほか各地のイベントで飾ったり親子教室などで作り方を教えています。「色づけにはいらなくなったクレヨンなどを使います。誰でも簡単に作れます」と日辻さん。今回のワークショップで作るキャンドルは、来る7月30日に同所で開かれる「世界のつくばで盆おどり」の会場に飾り、大震災による犠牲者の鎮魂と平和の祈りを込めて電気の代わりに明るくともします。時間は両日とも午前10時と午後1時からの2回で、各回定員50人。もしあれば廃油や発泡スチロールのトレー、未使用の割りばし、プリン・ジャムなどの空き瓶、エプロンなど持参するそうです。
■お申し込み・問い合わせ
 デイズタウン事務所 TEL:029-860-5000
------------------------
2012年のカレンダーは完売いたしました、皆様本当にありがとうございました。くーちゃんへのお問い合せはこちらからどうぞ♪
[PR]

by isao1977k | 2011-07-14 10:17 | 茨城県


<< 全国一の六条大麦使用 地ビール...      黄門マルシェ いばらき農園 >>