2014年 01月 23日
見守っている
d0140135_17142678.jpg
君を見つめてる ずっと見守っている
※画像クリックで高解像度がダウンロードできます。

 昨日は大学病院でした。朝イチで採血をしてつくばの自遊空間でカラオケをやって、ガストでお昼を食べて、午後受診でした。血液検査の結果は…タンパク質とカリウムが0.1少なかっただけで他は全く問題なしです。それらも問題なしです~。良かった♪風邪ひいてちょっと電解質のバランスクズしちゃったから薬が出たけど薬で補正できるなら良いやー。飲まないに越したことはないですけどね。

 外来にいた看護師さんに私の絵が学生の勉強に役立っていると聞いて嬉しくなりました。師長さんがあいたがっていたよ、と言ったので、入院病棟の方へ会いに行きました。すごく元気になったねって喜んでくれて嬉しかったです。次はまた2週間後。もっと元気な顔で行きたいです。ハニー薬局の話もしてきました。すごく喜んでくれました。頑張ります!

 さて、体が冷えると、私たちは寒さを感じます。そして体(特に末端)を手で触ってみると冷たくなっているのが分かります。この場合、重ね着をしてみたり、温かいお風呂につかってみたりと、ほとんどの方が寒さや冷たさを和らげるために何かしらの策を取るでしょう。しかし、寒いという自覚症状がないまま、体が冷えていることにも気づかず生活している方も多いといわれています。

 冷えを放っておくと、体が冷えるだけでなく、免疫力を低下させてしまいます。その結果、慢性的な疲労感、肩こりや腰痛、便秘などが引き起こされてしまうのです。さらには、むくんだり、痩せにくい体質になってしまうことも。「冷えは万病のもと」という言葉があるように、冷えが体に及ぼす影響は大きいのです。体の不調がすべて冷えから引き起こされるわけではありませんが、最近体調が不調だなと感じたら、冷えを疑ってみると良いかもしれません。

 そもそも冷えはなぜ起こるのでしょう。その原因として考えられるのは、体の体温調節がうまくいかなくなっていることにあります。私たちの体は、血液の流れる量を変化させたり、汗をかいたりすることで、体温を一定に保つよう調節されていますが、冷えが進むと、本来働くべき体温調節機能がうまく機能していない状態に陥ってしまいます。

●冷えの原因その1:自律神経の乱れ
日頃のストレスや不規則な生活などにより、体温調節の命令を出す自律神経がうまく機能しなくなります。また、冷暖房による屋外と屋内の極端な温度差も自律神経の負担となり、調整機能が鈍くなってしまいます。

●冷えの原因その2:皮膚感覚の乱れ
きつい下着やベルト、靴などで体を締めつけたりすることで血行が滞り、寒さを感じる皮膚感覚が麻痺。体温調節の命令が伝わりにくくなります。

●冷えの原因その3:血液循環の悪化
血液循環が悪くなってくると、脳は手足よりも重要な内蔵に血液を持っていこうと命令を出します。つまり、手足は後回しにされてしまうため、血液が末端に行き届きにくい状態に陥ってしまいます。

●冷えの原因その4:筋肉の量が少ない
筋肉は体の中で熱を生み出す機能があります。よって、運動不足で筋肉が少なくなると熱不足となり冷えやすくなります。女性に冷え症が多いのは男性に比べて筋肉量が少ないから。年齢を重ねると筋肉量が減ってくるので、男女問わず軽い運動やストレッチを心がけましょう。

 また、女性特有ではありますが、女性ホルモンの乱れも冷えの原因となります。ストレスがあったり、更年期になったりすると、女性の心身をコントロールする女性ホルモンの分泌が乱れ、血行の悪化などを促進してしまいます。そこで、冷えを撃退する方法をご紹介します。

●冷え撃退法その1:体をあたためる!
冷えを感じたら、まずは体を温めることが先決。この時、体を締めつけるような服ではなく、すこしゆとりのある服を重ね着するといいでしょう。首や手首、足首といった首まわりを温めると体が温まりますよ。

●冷え撃退法その2:食事に気をつける!
冷えに効果がある栄養素は、ビタミンEやビタミンCなどがありますが、中でもビタミンEは血行を良くする働きがあり、体内のホルモンの分泌を調整する効果があるといわれています。

●冷え撃退法その3:適度な運動で筋肉をつける!
筋肉をつけて温まりやすい体を作ると、自律神経の働きや血行を促し、末端まで温かい血液を送り届けやすくなります。また、代謝が上がるため、体内の余分な水分や老廃物を排出しやすくする効果も期待できます。

●冷え撃退法その4:できるだけ規則正しい生活を心がける!
1日に3食、バランスの良い食事を摂ることが重要です。過度なダイエットで食事制限をすることは、冷え対策にはご法度。熱不足の原因につながります。

 これからも、まだまだ寒さは続きます。自分でできる冷え対策をしっかり行って、健康維持に努めてくださいね。

くーちゃんへのお問い合せはこちらからどうぞ♪
[PR]

by isao1977k | 2014-01-23 00:52 | 羽根をつけて | Comments(13)
Commented by idea-kobo at 2014-01-23 07:11
見守っている ありがたいお言葉に 感謝して
Commented by isao1977k at 2014-01-23 07:27
>ideaさん、感謝の気持ち忘れない。
Commented by emiko7793 at 2014-01-23 08:07
看護士さんの言葉は、日ごろ頑張っている
くーちゃんの励みになりますね
私も手足が冷たくて
靴下手袋が離せません
ウォキングで頑張っています
くーちゃん今日も一日元気で過ごしましょう
Commented by isao1977k at 2014-01-23 10:10
>emikoさん、はい、嬉しかったです。
emikoさんも冷え性ですか。ウォーキング、いいですね、きっと治りますよ!
Commented by mark_blues at 2014-01-23 16:13
「せ」す
Watching you すな (。・_・。)ノ♪
Commented by isao1977k at 2014-01-23 16:20
>「せ」さん、イングリッシュフォーミー?
Commented by mariko789 at 2014-01-23 16:57
くーちゃんの絵が学生さんのお勉強のお役立ちって嬉しいニュースですね♪
冷えのこと、すっごくためになりました!

>冷えが進むと、本来働くべき体温調節機能がうまく機能していない状態に陥ってしまいます。

なるほどなるほど。
私は寒さに強いので、知らず知らず体を冷やしていると思う。
今から気をつけます!
Commented by isao1977k at 2014-01-23 17:34
>marikoさん、絵、嬉しいよー(^-^)
冷え、怖いよねー。外から内から温めるしかないよね。
marikoさんは寒さに強いんだぁ。でも冷やさないようにしてね!
Commented by eko at 2014-01-23 19:05 x
今日もいい話を聞きました。
冷え症は歳だからと思ってました。歳を取ると筋肉量が減るので冷え症になるのかも知れませんね。
とにかくあらゆる首を温めれば良いのですね。
Commented by ryo_nouske at 2014-01-23 21:22
くーちゃん こんばんは^^
寒いと免疫力って落ちちゃうよね。
私はよくカイロを首にあてて過ごすことが多いです。
気持ちよくって肩こりもなくて今のところ快適です^^♪
Commented by megumin321 at 2014-01-23 23:17
身体をあたためることで・たいがいは治りますね・中から外から暖まりましょう・・\(^▽^)/・・
元気なくーちゃん・・うれしいです・・♪
Commented by なかた at 2014-01-23 23:21 x
検査の結果、問題なしで良かったですね〜!
それから、自分の絵が人の役に立ってるのは嬉しいですよね!!
こちらも良かったですね、励みになりますね♪
今日の記事もためになりました〜。
昔に比べるとかなり筋肉が落ちてるので、
また筋トレ頑張ろうと思いました!
Commented by isao1977k at 2014-01-24 00:35
>ekoさん、そうそう。首、と名前のつく物を温めていけば良いんですよー!
筋肉と脳は年をとっても発達するそうですから!

>ryo_nouskeさん、私も首の後ろにカイロ貼っているよー!肩こり酷いのかな?楽になると良いね。

>meguminさん、そうですね。体は温めることで治りますよね。温めましょうね。

>なかたさん、はいー!自分の絵が使われているって聞いて嬉しくなりましたよ!
筋肉量が落ちるとどうもね…私も筋トレがんばろう!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 元気な君      側にいる >>