2014年 02月 22日
大好き
d0140135_17171638.jpg
大好きなんだよね 心から好きなんだよね
※画像クリックで高解像度がダウンロードできます。

 昨日は落ちてきたパーマをかけたくて行きつけのパーマ屋に電話したら予約がいっぱいで(涙)プールも行きたかったのでプールに早めにいって2時間でくるくるになりました♪落ちないと良いなぁ。パーマの落ちやすい髪なんですよ。

 今日は午後からハニー薬局(http://isao-k.com/honey/)の、事務の機械の研修です。出来るかなぁ。ドキドキしています。ちゃんとできると良いな、覚えられると良いな。

 開店まであと1週間。ドキドキですよー。反面楽しみでもあります。カウンセリングルームにちゃんと人が来てくれるかな。思春期の学生達とか来てくれないかな。忙しい忙しいって位になってみたいな。

 何かイヤなことがあったわけでもないのに、なんとなく機嫌が良くない日というのが、誰しもあるでしょう。とりわけ上司の精神状態などは、職場の雰囲気にダイレクトに影響するだけに、日々、戦々恐々としている人も多いかもしれないですね。

 「人は年をとると丸くなる」というけれど、年をとるごとに怒りっぽくなる人も多いように思えるのは気のせいでしょうか。実際、更年期障害などはよくイライラの一因に挙げられもするし、加齢はむしろ、人を怒りっぽくさせるのではないでしょうか?新宿ライフクリニックの須田隆興先生に聞いてみました。

 「個人差はありますが、どちらかというと人間は年齢を重ねるにつれて怒りっぽくなるものだと考えられます。というのも、イライラが症状のひとつに規定される疾患は、実は非常に多いんです。甲状腺機能亢進症、PTSD、低血糖、不眠症など、これらはどちらかといえば若年層よりも中高年層の方が患いやすいものばかり。また、認知症の症状にもイライラは含まれています」

 高齢の女性が更年期障害でイライラしやすくなるのはよく知られているが、男にとっても決して他人事ではないわけです。須田先生によれば、実は食物アレルギーや花粉症の症状にもイライラは含まれているといいます。イライラの原因は、僕らが思っている以上に多いのです。

 また、中高年のイライラは、必ずしも疾患ベースのものばかりではないのです。「社会的な責任が増し、慢性的なストレスにさらされていることも大きな原因でしょう。仕事や家庭に関する悩み、老後への不安など、精神を圧迫されることで起こるイライラは決して少なくないはず」

 一度イライラし始めると、ささいなことにもいちいち腹が立ってくるもの。イライラがイライラを呼び、それがいっそうストレスを増大させ、さらに深刻な疾患を招き入れることにだってなりかねない。心身の健康とともに、ストレス発散の術をちゃんと用意しておくことが大切ですね。もちろん穏やかな人もいますよ。

くーちゃんへのお問い合せはこちらからどうぞ♪
[PR]

by isao1977k | 2014-02-22 00:19 | 羽根をつけて | Comments(3)
Commented by 小太郎 at 2014-02-22 23:51 x
イライラは…
自分で自分と話しができるとあまり感じなくなるはず。
よく、一人会話を心の中でしています。

薬局、上手く発信できそうですね♪
Commented by なかた at 2014-02-22 23:54 x
僕も会社員だった頃のイライラを思い出しました。
やっぱり人間関係に起因するものが多いように思いますね〜。
組織というのは難しいですね。
フリーになって、本心から良かったなぁと思っています。
ところで、開店まであと1週間!
本当にワクワクしますね〜♪
Commented by isao1977k at 2014-02-23 00:07
>小太郎さん、一人会話ですか、心と会話するんですね。
薬局、あたふたですー!

>なかたさん、そうですね。会社だと人間関係がありますものね。
フリーランスは楽ですよね。私はまた会社勤めが始まります。
ドキドキです…
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< いきいきと      暁は近い >>