2014年 03月 04日
まだ
d0140135_1802045.jpg
まだあなたに 側にいてほしくて 抱きしめてほしくて
※画像クリックで高解像度がダウンロードできます。

 昨日は寒かったですねー。足にレッグウォーマーをして仕事をしていましたよ。昨日は仕入れた薬の伝票を打ち込む仕事をひたすらしていました。これから、朝毎日やるそうです。しかり覚えないと。でも毎週水曜日お休みだから良かった。週の真ん中で休めるってありがたいですよね。

 水曜日は大学病院なので休みをもらいました。大学病院でもらう薬はとりあえず仕入れてもらいました。これで大丈夫!3月中はばたばたしていても4月になれば落ち着いてくるかな。お客さんもどんどん増えてくるといいなぁ。薬の名前がたくさんありすぎて全部覚えられません(涙)やっているうちに覚えていきたいと思います。

 日本以上に高齢化が進行している韓国ではOECD(経済協力開発機構)加盟34か国中、65歳以上の高齢者貧困率がもっとも高いだけでなく、世代を問わず貧困層の拡大が進んでいます。たとえ貧しい家庭に育っても、子供たちが夢や希望を抱ける社会であれば救いがあります。しかし、現実はシビアです。

 「熾烈な受験戦争に勝ち抜き名門大学に進学しても、人並み以上の生活ができるとは限らない。貧困層は就職でも差別を受ける。履歴書に親の学歴の記入を求められることも少なくない。企業側は『あくまで参考』というが、貧困層の親はまともに学校を出ていないことが多く、それを理由に選考対象から外されてしまうのだ。特に大企業では学生の出自が重視される。こればかりは努力で埋めることができない」(韓国紙記者)

 韓国の大学生の年間中退者数は9万人(日本は約6万人)に上ります。一般的な4年制大学の授業料700万ウォン(約66万円)を支払えない学生が多いからです。仮に卒業しても、就職できるのはわずか56.2%(2012年度)に止まるそうです。

 学費の捻出ができず、カードで借金を重ねる学生も少なくないのです。韓国・金融監督院の2011年調査によると、韓国の大学生の6人に1人が貸金業者から借金しています。用途でもっとも多いのは学費への充当。ある大学で教鞭をとる日本人講師は語ります。

「せっかく苦労して入学したのに、『まとまったお金を稼ぐため日本に行きたい』と長期の休学を申し出る学生がいる。留学ビザが取りやすく賃金も高い日本を目指す学生は多い」

 大学卒業後、職を得られなかった男性(30歳)は、運転代行のアルバイトで食いつないでいるそうです。

「就職浪人を続け、気づいたらこの年になっていた。深夜は酔客も多く、絡まれることもある。一流企業に勤める同世代の客に横柄な態度を取られ、言い合いになったこともあった。情けなくて涙が出た」

 貧困と歪んだ社会構造が将来ある若者たちの芽を摘んでいるんですね。

くーちゃんへのお問い合せはこちらからどうぞ♪
[PR]

by isao1977k | 2014-03-04 00:08 | 羽根をつけて | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 明るく強く      カッコイイよ >>