2009年 07月 24日
夏休みこども科学電話相談
d0140135_18571092.gif 私の夏の楽しみにNHKラジオ第1『夏休みこども科学電話相談』があります。TBSラジオ「全国こども電話相談室・リアル!」 どちらの相談室も小中学生のみなさんの科学に対する疑問や興味に専門家の先生方がわかりやすく答えてくれえる番組です。子供たちの、ふと、頭に浮かんだ謎、素朴な質問それが面白いのです。自分も子供のころ「これなんでかな」「なんでだろうな」とたくさん考えては辞書や図書館で調べたものです。この番組はお子さんとスタジオの先生とを直接電話で結んでお話していただく番組です。あのころもあったのかなあ…?あったらきっと質問しまくっていたんだろうなぁ(^-^)そのなかで印象に残っている質問がいくつかあるので、ご紹介しますね。
なぜ秋になると葉っぱは紅くなるの?
 木の葉はふつう緑色をしています。それは木の葉のなかに葉緑素がふくまれているからです。葉緑素には、緑色のつぶと黄色のつぶがまじりあっています。黄色のつぶは、緑色のつぶより少なく、あまりめだたないので、葉っぱは緑色をしています。しかし昼の時間が短くなって、すずしい秋になると、緑色の葉緑素はこわれていってしまうのです。すると、今までめだたなかった黄色のつぶが、はっきりと見えるようになってきます。イチョウが黄色くなるのは、緑色の葉緑素がこわれて、黄色く変化したからです。また、カエデのように色が紅く変化するものは、緑色の葉の葉緑素がこわれ、黄色くなり、そのあと葉のなかに残っていた糖分が変化するために、紅い色になるのです。
魚は水の中でどうやって呼吸しているの?
 魚たちは口をぱくぱくさせることで水をすいこんで、えらをつかって水にとけている酸素をうまく体になかにとりいれています。魚が水のなかでも呼吸できるのは、えらがあるからです。えらのしくみを調べてみると、細かい櫛の歯のようなものがたくさんはえているのがわかります。口から入った水がここを通ったときに、なるべくたくさんの酸素をとりいれることができるようになっているのです。こんな便利なえらがあるため、私たちが住む陸の空気よりもはるかに酸素の少ない水のなかでも、魚たちは快適に暮らすことができるのです。 …などなど(o^-^o)
 大人でもなるほどなあ、ですよね。子供たちからの小さな「なんで?」や「どうして?」の向こう側にはまた次の「なんで?」や「どうして?」があって…「なんで?」の向こうにはとても大きな世界が広がっているんですね。小さな「なんで?」が広い世界の入り口なんですね。また、質問をしている子供たちの素直さと好奇心、そして礼儀正しさにいつも驚きと喜びでいっぱいです\(*^▽^*)/
------------------------
※2010年カレンダー・お問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ…\(*^▽^*)/
d0140135_3213954.jpg


お手玉2つ
[PR]

# by isao1977k | 2009-07-24 04:12 | くーちゃん日記 | Comments(23)
2009年 07月 23日
地酒ゼリーなら私もイケル!?
d0140135_48996.gif はーい、くーちゃんの美味しいお店紹介コーナー♪こちら茨城県、県南地域に15店舗を展開している、お菓子の久月と言うお店があります。蔵出し地酒ケ-キ地酒ケ-キや酒ゼリ-、健康志向の酢ゼリ-、蓮根どらやき、若あゆ、など、筑波山、霞ケ浦など豊富な自然にあった和菓子作りを目指し素材と伝統を大切に新たな和菓子、季節の和菓子、洋菓子などが36種、毎月新商品を出しています(o^-^o)7月1日(水)からは、地元の酒蔵とコラボレーションした「蔵出し地酒ケーキ」を発売しています。 「蔵出し地酒ケーキ」山中酒造(常総市)「一人娘」「さやか」と、石岡酒造(石岡市)「筑波」久月のオリジナルケーキに使用したものなのです。アルコール分3%で味はまろやかで食べやすく、3種類の味があり各160円になっています。また、香り高い地酒を閉じ込めた「常陸の国地酒ゼリー」(4種類、各220円)も販売している。
「地産地消をモットーに数々の商品開発を手掛けています。茨城は全国有数の稲作地帯で、酒造りには最適な環境です。個性ある地元の酒蔵と手を組み、高級感あふれるケーキを開発しました。ぜひ一度ご賞味ください」久月社長の横山和裕さんはおっしゃっています。
 地産地消は人と人とのつながりであり、顔の見える流通システムづくりや関係づくりが重要です。生産者だけでなく消費者からも、生産者自らがもっと自己PRすべき時だと思います。地元の商品をいつも照会しておりますが、そんな願いも込めて…商品、農作物などを作られる方々の努力を消費者がもっと理解すべきだと感じました。…酒ゼリーなら下戸の私も食べられる…(゚_゚?)
d0140135_18582886.jpg
お菓子の久月では下記の方法で通信販売をしております。ご自宅用、ご贈答用に宅配先をご指定いただけますのでぜひご利用ください。
※通信販売でご注文の場合…5.000円以上お買い上で 同1ヶ所お届けの場合、全国どこでも送料が無料になります。3.000円以上は一律300円と大変お得になります。(但しク-ル代300円別途)
インタ-ネットの他・リ-ダイヤル・フリ-Faxのお客様に限ります。

------------------------
※2010年カレンダー・お問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ…\(*^▽^*)/
d0140135_3213954.jpg


今日は大掃除!
[PR]

# by isao1977k | 2009-07-23 03:38 | くーちゃん日記 | Comments(34)
2009年 07月 22日
記念すべき☆皆既日食☆2009年7月22日
d0140135_328924.gif 今日は皆既日食!【2009年7月22日】今日は、この話題のブログ多いだろうなぁ~!またカメラマンの方もスタンバイオッケーですか?星、地球の不思議…大好きなのでドキドキしています\(*^▽^*)/ 日本では、全国で部分日食を観察することができるそうですね。また奄美大島北部、トカラ列島屋久島種子島南部など、皆既日食帯と呼ばれる細長くのびた地域・海域内では、皆既日食を観察することができるとのこと、いいなあ、飛んでいこうかなあ(^▽^;)。 皆既日食になると、太陽のまわりにはコロナが広がって見られます。また太陽表面から吹き出ている赤いプロミネンスなども観察することができます。空は、程度は日食ごとに違いますが、夕方・明け方の薄明中のように暗くなり、明るい星ならば見ることができます。地平線近くは、夕焼け(朝焼け)のように空が赤く染まって見られます。
 日本の陸地に限ると、皆既日食が観察できるのは1963年7月21日の北海道東部で見られた皆既日食以来、実に46年ぶりです。次回も2035年9月2日の北陸・北関東などで見られる皆既日食まで26年間起こりません。でも皆既日食ってなあに?日食とは、太陽の前を横切るために、によって太陽の一部(または全部)が隠される現象です。太陽によって全部隠されるときには皆既日食と呼ばれます。今回は一部の地域でこの皆既日食が見られます。また、太陽のほうがより大きく見えるためにのまわりから太陽がはみ出して見えるときには皆既日食または金環食)と呼ばれます。日食は、見る場所によって、どのくらい深く欠けるかも違いますし、日食が始まる時刻や一番大きく欠ける時刻・日食が終わる時刻も違います。
 見たい!でもね、皆既日食を観察する方法でも、のためにやってはいけないことがあります。太陽はたいへん強い光と熱を出しています。正しい方法で観察しないと、を痛めたり、最悪の場合失明したりする危険性があります。以下のようなことは、を痛めますので絶対にやってはいけませんよ!美しく貴重な今日の時間、楽しみです\(*^▽^*)/
※参考:国立天文台
d0140135_3292691.jpg
-----------------------
※2010年カレンダー・お問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ…\(*^▽^*)/
d0140135_3213954.jpg


え?ルパンの知らない関係!
[PR]

# by isao1977k | 2009-07-22 04:16 | くーちゃん日記 | Comments(39)
2009年 07月 21日
おもちゃにも心があるよ
d0140135_212726.gif 2009年7月16日(木)~19日(日)に東京ビッグサイト「東京おもちゃショー2009」が開かれましたね。皆さんは子供の頃、どんなおもちゃで遊びましたか?おもちゃ、と言うものが無くても笹を船にしたり、タンポポを笛にしたり、土や砂を粘土にしたり…なんでも、おもちゃにはなるんですよね(o^-^o)でも宝物の「おもちゃ」もあると思います、私は砂鉄でお絵かきできる「せんせい」だったかな、絵を描きすぎて砂鉄がつかなくなるまでつかいました(しかも2つも)大切なおもちゃ思い出のおもちゃ、壊れてしまったから新しいのにする。ちょっと待ってね、私は捨てないで欲しい、そう願います。直せばまだまだ遊べますし、おもちゃにもがあるのです。子供たちが物を大切にする心を育んでくれることをいつも願っています。…と言うことを話題にしたのも、先日、友達にからくり人形のようなものの(現代版ですからメカニックなのですが)直し方を聞かれてネットで色々調べたんですね、それで直し方を教えたら「直ったよ、くーちゃんありがとう」と言ってくれたんです。その言葉が嬉しくて…そこでネットで知ったのが「日本おもちゃ病院協会」だったんです。そこの「電池関係のサイト」からその友達の壊れたおもちゃの答えは出たのですが、中身を見てみると本当におもしろい(^-^)「家庭で出来る簡単おもちゃ診断」などもあって、友達同士や家族で楽しみながら、子供たちの「なんでだろう?」を育てていけるような…ものを大事にする心は、人を大事にする心に繋がると思います。どんなものでも、何か手をかけて「世界でひとつだけのもの」にしてあげること、ひとつひとつを大事にするということを自然と身につけさせることは、もしかしたらとてもとても大切なことなのかもしれないと思ったくーちゃんでした(^-^)おもちゃドクターになれるかな?
●日本おもちゃ病院協会事務局
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-20 東京おもちゃ美術館内
電話/FAX:03-5367-9606
メールアドレス:jimukyoku@toyhospital.org

------------------------
※2010年カレンダー・お問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ…\(*^▽^*)/
d0140135_3213954.jpg


何処に行っても誰かさん(次元)
[PR]

# by isao1977k | 2009-07-21 03:52 | くーちゃん日記 | Comments(40)
2009年 07月 20日
科学・数学大好き!産総研つくばセンター一般公開
d0140135_7413044.gif 夏休み~。いろいろなイベントしているからその報告レポート見るのがとても楽しみ!つくば市にある産総研つくばセンターでは、7月25日(土)に一般公開を開催いたします。
 今年度の「特別講演」では、数学者の秋山仁さんをお迎えして、「不可能を可能に、挑戦の日々」をテーマとしたお話をしていただきます。秋山さんが投げかける、熱いメッセージをきくことができます。私は数学が大好きです。秋山さんの出演する番組もよく学生時代見ていました、おもしろいんですよね(o^-^o)数学が嫌いな人でも好きになっちゃいそう!
 また今回の一般公開には、ヒューマノイド・ロボット「HRP-4C」が登場!そのまま訳すと「人間型ロボット」ですよね(^-^)その他にも、科学技術を楽しく体験できる「チャレンジコーナー」や「サイエンスコーナー」などが、もりだくさん!科学って楽しい、何処までも研究できる。大人も子どもも楽しみながら「科学のふしぎ」を学べるイベントを一人でも多くの子供たちに体験して欲しいです\(*^▽^*)/
d0140135_548492.jpg
■秋山仁さん講演会
「不可能を可能に、挑戦の日々」講演時間:13:00~14:00(大講堂)/定員400名
■ヒューマノイドロボットデモンストレーション ・11:00~11:20 ・13:30~13:50 ・15:30~15:50
※整理券制になっております。
【交通案内】
・つくばエクスプレス…東京都「秋葉原駅」から「つくば駅」へ(快速で45分)→つくば駅から無料循環バスにて[つくば駅(A3出口)]→[環境研]→[産総研]→[つくば駅]
・JR常磐線→東京都「上野駅」から約60分「荒川沖駅」下車→西口へ→バス:関東鉄道バス「つくばセンター行」または「筑波大学中央行」乗車(約20分)、並木二丁目」下車、徒歩5分
【主催】産業技術総合研究所
【後援】つくば市
【お問い合わせ】産総研広報部 TEL: 029-862-6214/FAX:029-862-6212/E-mail:tsukuba2009@m.aist.go.jp
------------------------
※2010年カレンダー・お問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ…\(*^▽^*)/
d0140135_3213954.jpg


だから噛まないのっ!!!
[PR]

# by isao1977k | 2009-07-20 04:13 | くーちゃん日記 | Comments(34)
2009年 07月 19日
茨城生まれのパン用小麦「ユメシホウ」
d0140135_1135939.gif 私の住んでいる土浦市の隣、つくば市「パンの街つくば」と呼ばれるほどパンのお店が多く、またそれには、3つのテーマがあるのです。(1)おいしいまちづくり~パン屋が考えてつくる、つくばの魅力~ (2)パンを愛するファンづくり~個性も考え方も、一つひとつが味のうち~ (3)地産地消でパンづくり~つくばで生産した小麦粉で焼く~といったプロジェクトでつくばの街から「魅力」というおいしさを香り立たせています。
 そう、今各地で「地産地消」つまり「地元で生産されたものを地元で消費する」という、消費者と生産者を結び付ける期待が高まってきていますよね。つくば市では「地元産の小麦を使った安全・安心なパンが食べたい」という消費者の声に応え、2年前、関東地域での栽培に適したパン用小麦「ユメシホウ」を誕生させました。そして「パンの街つくば」を掲げる同市内のベーカリーなどに「ユメシホウ」を使ったパンが出回り始めたのです。そんな中、つくば市作物研究所小麦育種グループの方々が、温暖な関東・東海地域で栽培できるパン用小麦を開発しようと97年に研究に着手し、関東の栽培適性があるめん用小麦「タマイズミ」と、製パン性に優れた育成系統を人工交配して選抜を繰り返すことを10年かけて研究し、2007年に品種登録にこぎつけました\(*^▽^*)/「地元産のパンが食べたい、作りたい、という夢が四方に広がれ」との願いを込めて「ユメシホウ」と命名されました。
外国産に比べると作りにくい点はありますが、香り高く口溶けもいい「ユメシホウ」のパン。これが本当のパンなんだと思わせてくれます。地元産の粉で作るのはパン屋さんの夢とのこと。どんどん地元の安全な食材でおいしさを広めて欲しいですね、そしていつまでも安心、安全、美味しい食べ物を作っていて欲しいと思います。「食」「人」「良くする」のですものね。でも…米の方が好きなくーちゃんでした((^┰^))ゞ※ちなみにパンダのしっぽの基本は「白」ですw(゚o゚)w
d0140135_1882818.jpg
パンの街つくば つくばの旬パンブログ
-----------------------
※2010年カレンダー・お問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ…\(*^▽^*)/
d0140135_3213954.jpg


それぞれの時間…好き放題。
[PR]

# by isao1977k | 2009-07-19 04:06 | 茨城県 | Comments(50)
2009年 07月 18日
霞ヶ浦の帆引き船
d0140135_2384140.gif さぁ夏本番ですよ(*^▽^*)毎年夏になると、茨城県霞ヶ浦では、風物詩である帆引き船が7月下旬から10月下旬までの日曜日に操業しています。また、に染められた七色の帆引き船が2008年11月に開かれた、第23回国民文化祭・いばらき2008「常世こくぶん祭」のプレイベントとして、この日限り出現!(^0^)この催しは、行方市(なめかたし)の、ビレッジパーク芸術村グラフィックデザイナー・藤代範雄さんを代表とする7名の「レインボー倶楽部」の企画、制作によるものでした。帆の色は、多くの光を通す素材で作成され、ピンクパープルグリーンイエローブルーそして七色です。とってもキレイでしたよ(^_-)☆
 霞ヶ浦湖岸の土浦市かすみがうら市行方市には、合計9艘の「観光帆引き船」が現存しています。帆引き船は、明治時代の中ごろ、地元の折本良平という「つりと発明」の大好きだった人物によって工夫され、以来沿岸数千人の漁業関係者が生活の安定を得ましたが、1965年頃からトロール漁に変わり、間もなく帆引き船霞ヶ浦から姿を消してしまいました。しかし、霞ヶ浦漁業の歴史を知る上で極めて重要な文化的遺産であることから、1971年に「観光帆引き船」として復活させました。また、通常操業合同操業フォトコンテスト(→詳細)なども随時開催されています。 雄大な霞ヶ浦に白い帆を上げ、優雅に走る帆引き船をどうぞ観に来てくださいね!
d0140135_2515228.jpg
・通常操業…7月26日、8月9日、9月20日・27日(受付=13:30~/出航=14:00~)10月4日・11日・18日・25日,11月1日・8日・15日・22日・29日(受付=15:00~/出航=15:30~) ※運休日…8/2
★問い合わせ先…かすみがうら市観光協会事務局(市観光商工課内)TEL:029-897-1111(内線2526)

------------------------
※2010年カレンダー・お問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ…\(*^▽^*)/
d0140135_3213954.jpg


不二子ちゃん、それ紙だってば!
[PR]

# by isao1977k | 2009-07-18 04:28 | 茨城県 | Comments(40)
2009年 07月 17日
お中元に!地ビールだよ☆木内酒造様☆
d0140135_5161986.gif じゃーん!にはビール!梅酒!(って呑めたら良いなぁ←下戸)はぁーい!ご当地自慢@大人バージョン☆茨城には「常陸野ネストビール」という地ビールがあるのです。様々なコンテストで受賞もしている「木内酒造合資会社」様より発売されています。日本国内、海外のビールコンテストで数多くのゴールドメダルを受賞し、イギリスでは世界チャンピョンに輝いた常陸野ネストビール「ホワイトエール」は、世界中でもっとも飲まれている日本のクラフトビールです。その他にもたくさんの種類があります。 そのホワイトエールを、低温減圧蒸留装置で丹念に3回の蒸留をくり返して生まれるのが極上のビールスピリッツ「Kiuchi no shizuku(木内の雫)」です。極めて稀なるお酒。「木内の雫」。アメリカ輸出のみで、国内では販売をしておりませんでしたが、ちょっと装いも新たに日本国内でも販売が始まりました。その「木内の雫」を原料として、茨城県産の梅をじっくりと漬け込んで造りあげたものが、新しい味わい「木内梅酒」です。
 ホワイトエールのもつホップ、ハーブの風味に梅実の味わいがマッチして、さらに体にやさしい果糖を加えて甘味をつけた極上の梅酒「木内梅酒」。 他にはないさらりとした旨口の味わいをお楽しみください。※果糖(フルーツシュガー)が良い訳…果糖は蜂蜜や果物に含まれている糖類で、とてもマイルドな味わいが持ち味です。最大の特徴は、同じカロリーを持つブドウ糖と比べて甘さが1.5倍あることです。つまり同じ甘さならば67%のカロリーしかありません。さらに、体への吸収も遅く血糖値も僅かにあがるだけで、とても健康的な甘味料です。
 そして、2009年。「木内梅酒」が日本一に輝きました。 日本各地から100蔵以上が参加して160銘柄にも及ぶ梅酒が集まる国内最大の梅酒コンテストが大阪の「天満天神梅酒大会」。 2009年3月8日、その最終審査発表がおこなわれ「木内梅酒」が日本の梅酒頂点に選ばれました\(*^▽^*)/まさに極上梅酒「木内梅酒」。今年の目新しいお中元にいかがですか?
●木内酒造合資会社ホームページhttp://www.kodawari.cc/
〒311-0133 茨城県那珂市鴻巣1257
TEL:029-298-0105 FAX:029-295-4580 Eメール:kiuchi@kodawari.cc

●木内酒造こだわりショップhttp://kodawari.cc/kodawari-shop/catalog/
●木内酒造合資会社「菊盛」http://www.ibaraki-jizake.com/kiuti/index.htm
●木内酒造 楽天市場店http://www.rakuten.co.jp/kiuchi-kodawari/
------------------------
※2010年カレンダー・お問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ…\(*^▽^*)/
d0140135_3213954.jpg


三人の食卓♪
[PR]

# by isao1977k | 2009-07-17 04:12 | 茨城県 | Comments(32)
2009年 07月 16日
アサザプロジェクトやってます!
d0140135_723399.gif 今年も暑くなりそうですねo(T^T)oもう、秋が恋しい…私たち人間は、生活を豊かで便利なものにしてきた一方で、自然環境にたくさんの負荷をかけてきましたね。人間の活動などによって、海や川、湖などの水質が汚れることが、「水質汚染」。水環境には元々、自分で汚れを浄化する力があるけれど、それを上回る量の有害な物質が流されると、「水質汚染」が起きてしまいます。地元の茨城県霞ヶ浦北浦では「アサザプロジェクト」といい、1995年1月からこの活動が始まりました。この「アサザプロジェクト」100年後に野生復帰したトキが湖面に舞う…そのような霞ヶ浦北浦流域の自然と人間の共生の未来が「アサザプロジェクト」の夢であり、目標です。1970年からの霞ヶ浦開発事業により、湖岸はコンクリート堤防で覆われ、常陸川水門の締め切りで水質が悪化、生きものたちが住みづらくなってしまいました。湖岸の植物は大幅に減り、残った植物も波で侵食されて後退、鳥や魚も減っていきました。「アサザ」の群落があれば、土砂が堆積して浅瀬を作り、葭原を浸食から守ることができるといいます。そこでNPO「アサザ基金」「アサザ」霞ヶ浦に植えつけるプロジェクトを1995年に開始し、市民型公共事業(企業・学校など)によって、きれいな水と生物多様性に富んだ霞ヶ浦北浦を再生しようという活動をしているのです。
 さて、「アサザ」とはなんだろうと思われる方も多いと思います。 アサザ(ミツガシワ科)とは、各地の池や沼に生える多年草の浮葉植物なのです。霞ヶ浦では、かつては数多くみられましたが、現在では貴重種になっています。
 ~さぁ~て、くーちゃんの地元商品自慢です!なんとこのプロジェクトからお酒が誕生!「広がれアサザの夢」※写真右2つです。皆さんがお酒を楽しんでいただいたお代の一部は水源地再生に役立てられます。美味しいお酒を呑むだけで、霞ヶ浦北浦の自然再生事業に貢献できます。そして、霞ヶ浦北浦の自然再生に取り組むたくさんの小中学校の子どもたちと夢を共有することができるのです。販売元は白菊酒造(株)・TEL:0299-26-4131」「(株)田中酒造店・TEL:0297-72-0011カスミ(株):TEL.0120-371315(受付時間…9:00~18:00) 」 になっています。100年後、霞ヶ浦北浦にトキが舞う光景を思い描きながら…。綺麗な地球、守っていきたいですね。
d0140135_5354126.jpg


■地元の産業や教育と連携しながらひろがるアサザプロジェクトのネットワーク■
d0140135_1141570.gif

■参照ホームページ:アサザプロジェクト■
http://www.kasumigaura.net/asaza/misson/index.html
------------------------
※2010年カレンダー・お問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ…\(*^▽^*)/
d0140135_3213954.jpg


どーも次元君はカメラが好きで(^▽^;)
[PR]

# by isao1977k | 2009-07-16 04:29 | 茨城県 | Comments(38)
2009年 07月 15日
田んぼのひみつ&紅一点
d0140135_36591.gif 今日はエキサイトブログメンテナンスなんですね~。うほうほ、じゃあお勉強♪
 何年か前に、こちらの「いばらきの農村発見」のサイトをお手伝いさせて頂きました(イラスト、地図のみ描かせて頂いて…他の知識はあまりありませぬ(;^_^)茨城県農林水産部農地局様茨城県土地改良事業団体連合会様茨城県庁の方々に、大変お世話になりました。とても楽しくお仕事をさせて頂きました。ありがとうございます。
 じゃあ今日は、ご当地自慢&自由研究だぁ♪このサイト内の「もの知り広場」は、子供向けに作ってあります。「田んぼの水がなくならないのはなぜ?」・「ザリガニはあぜ破壊大魔王!」・「田んぼに水を張るのはなぜ?」「農村ってどんなところ?」「田んぼってどうして四角いの?」「ほ場整備ってなんだ?」「あかがえるとあまがえると田んぼ」、などもりだくさん!マウスカーソルを会わせて遊んだりも出来るページもありますよ♪夏休みに田んぼの謎、楽しく覚えて美味しいお米の収穫待ちましょうねー\(*^▽^*)/
d0140135_3323080.jpg
------------------------
※2010年カレンダー・お問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ…\(*^▽^*)/
d0140135_3213954.jpg


ついに不二子さんいらっしゃいました!
[PR]

# by isao1977k | 2009-07-15 00:01 | くーちゃん日記 | Comments(30)